仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

ローンを組む際に加入する団体信用生命保険とは

 

不動産投資を行う際に、融資先の銀行などの金融機関が団体信用生命保険に加入することをご存知でしょうか。通称「団信」とも呼ばれるこの保険は、ローンの返済中に契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社がローン残高に相当する費用を補填するという内容です。万が一の事態が起こった際に、生命保険と同じように保障を受けられる点がメリットだと言えるでしょう。

 

そもそも団体信用生命保険とは?

不動産の購入にあたって自己資金のみの一括で支払える方はほとんどいないでしょう。そのため、銀行などの金融機関でローンを組むのが一般的です。その際にローンの借入の条件として、ほとんどの金融機関が団体信用保険(以下「団信」)への加入を挙げています。

 

団信はローン専用の生命保険のことを指します。名義人(ローンの借り主)が死亡または高度障害状態になった場合に、ローンを融資した金融機関が保険金を受け取るという点が大きな特徴です。金融機関が受け取る保険金は、ローンの残債と同額となるため、ローンは保険金によって完済され、金融機関は資金回収のリスクを回避できるというメリットがあります。

 

一方、融資を受けて不動産を購入した側にも当然ながら利点があります。それは万一の際には保険が適用されてローン残債が無くなり、さらに残された家族に完済済み不動産が残せることです。引き継いだ不動産には、賃貸物件として貸し出したり、売却してまとまったお金を手にしたりするなど複数の選択肢が存在するため、最適な資産運用の方法を選ぶことができます。つまり、団信には金融機関とローンの債務者双方のリスクを低減する役割があるのです。

 

3大疾病保障などのオプション付きのケースも

死亡や高度障害に対する保障が団信の一般的な適用範囲です。しかし、近年では、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」などの3大疾病になった際にも保障する、オプション付きの団信も増えてきました。月々のローン返済額に多少の金額を上乗せすることで、より手厚い保障が受けられるようになります。オプション付きのタイプは主に以下が挙げられます。

 

【団信の保障範囲のオプション】

 

■3大疾病保障付き団信

死亡や高度障害に加え、がん・脳卒中・急性心筋梗塞でも保障を受けられます

 

■7大疾病保障付き団信

3大疾病保障付き団信の保障内容に高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変が加わります

 

■8大疾病保障付き団信

7大疾病保障付き団信の保証内容にさらに、慢性膵炎が加わります

 

 

上記のように加入する団信の種類によって適用する病気の種類が異なります。保障の適用範囲が広い団信の方が、不測の事態が発生した際には当然ながら安心ですが、保険料が上乗せされるので契約時に条件をしっかりと確認することが重要です。その点においては通常の生命保険と変わりません。

 

団体信用生命保険で考えられるリスク

不動産投資などでローンを組む際に団信に入っていれば、心配事は少なく済みますが、保険金支払いの保障対象外の場合は、働けないうえにローンを毎月返済しなければならない状況に陥ります。仮に交通事故などに遭って長期間働けないなどのケースでは、貯蓄を切り崩してローンを支払い続けるしかありません。

 

上記のようにケガなどで長期的に働けない場合などを想定して、他の保険を併用したり、傷病手当金を受け取ったりするなどの対応も検討することをおすすめします。傷病手当金は健康保険から支払われる給付金であり、業務中にした傷病と認められれば、給料の約2/3が最長で1年6ヶ月間支給されます。他の保障と掛け合わせるなどのリスクヘッジをしておくことは非常に重要になるでしょう。

 

団信は万が一の事態があった際に残された家族の経済的な負担減と銀行の債権回収リスクを同時に行う仕組みです。そのため、名義人がケガや病気などで長期就業不能になった際などは適用されないので注意しましょう。さまざまなオプションをつけることは可能ですが、その適用範囲もかなり限定的であることは肝に銘じておく必要があります。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。