仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

サラリーマンが不動産投資をするメリット

 

近年、多くのメディアで見出しを飾っている“サラリーマン大家”という言葉。読んで字のごとく会社勤めのビジネスパーソンが不動産を所有してオーナーとなり、資産運用をすることを指します。しかし、なぜ安定収入のある会社勤めの方が不動産投資に手を伸ばし、さらに社会的なブームにもなっているのでしょうか。企業で働きつつ、不動産投資をするメリットについて検証してみました。

 

注目を浴びるサラリーマン大家の存在

日本の企業にとって終身雇用や年功序列の給与体系が当たり前だった時代が終焉を迎えようとしています。それどころかそうした制度自体が崩壊を迎えつつあります。また、年金受給開始年齢の引き上げをはじめ、年金制度そのものの破綻も危ぶまれる中、老後の生活の不安を感じない人の方が少ないのではないでしょうか。

 

そういった時代背景から、しっかりと資産を運用して老後の収入を確保しようと考えるサラリーマンが急増しています。数ある資産運用の中でも特に注目を浴びているのが不動産投資です。“サラリーマン大家”という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。マンションやアパートを所有して家賃収入を得ている会社員のことで、大きな話題を呼びました。不動産を所有していれば公務員でも一般企業の会社員でも「誰でもなれる」点こそが、サラリーマン大家が浸透した理由の一つです。

 

ただし、言葉自体が広まりすぎて独り歩きしたせいか、不動産投資はすごく儲かるだのハイリスクハイリターンで怖いだのと偏ったイメージを持っている人も少なからずいます。しかし、実際にはサラリーマンが自身の信用力を活かしてローンを組んで不動産を購入し、家賃収入を得ながら少しずつローンを返済していくという堅実なものになります。

 

サラリーマンが不動産投資をすることの旨み

不動産投資は、FXや株式の投資に比べて特殊なスキルやノウハウをあまり必要とせず、所有している不動産の家賃収入でインカムゲインを得るというシンプルなスキームになります。投資する不動産の選択を間違えなければ、ローン返済と家賃収入の差額だけの費用で不動産が獲得でき、ローン完済後には家賃が丸々収入となるため、長期的に安定した不労所得を手にすることができるのです。バブル期のように売却益で一攫千金を狙うようなものではないので、堅実に働くサラリーマンには適している投資と言えるでしょう。

 

また、サラリーマンは経費として「給与所得控除」が認められていますが、不動産の購入や管理修繕費、減価償却費、不動産投資ローンの利息などを経費として計上することができるため、確定申告を行うことで所得税や住民税を節税する効果が得られ、手元に残るお金が増えるというメリットもあります。

 

銀行の融資を受けられる不動産投資

サラリーマンは毎月一定の収入があるため、自営業者らの個人事業主と比べると社会的な信用が高いと言えます。そのため、比較的有利な条件でローンを組めるケースが多いのです。ローンを駆使すれば自己資金が少ない人でも不動産投資をはじめることができます。条件が揃えば、頭金ゼロでフルローンを組むということも可能です。

 

不動産投資が他の投資と決定的に違う点は、この銀行などの金融機関から融資を受けられる点です。FXや株式投資などでは融資は受けられませんが、不動産投資は金融機関からの融資と入居者からの家賃収入という他人資本で資産形成できる点が、他の投資にはない不動産投資特有のメリットです。

 

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。