仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

不動産投資が生命保険代わりになる理由

 

人生には不測の事態がつきものです。前日まで元気だった人が突然病に倒れたり、不慮の事故に遭って大ケガをしたりすることは珍しいことではありません。そんな万が一の事態に備えて多くの方が加入しているのが生命保険ではないでしょうか。しかし、最近では生命保険に代替えする存在として「不動産投資」に注目が集まっています。不動産投資が生命保険の役割を担うことができる理由について紹介します。

 

生命保険の意義と不動産投資が代替できる理由

社会で働く方、特に配偶者や子どもを持つ家庭の大黒柱の方の多くが加入している生命保険。生活設計と生命保険に関する情報を提供する「生命保険文化センター」によると現在、日本の約9割の世帯がなんらかの形で契約・加入しているようです。生命保険の意義としては、自身の備えにプラスして社会における「相互扶助」の意味合いが強いと言えます。大勢の人が公平に保険料を負担し、万が一の事態に陥った際に給付を受けるという“助け合い”によって成り立っているのです。

 

保険料を受け取れることで死亡や病気、ケガ、介護など予期しない状況に陥り、経済的に生活が苦しくなったり、思い描いていた生活が実現できなくなったりした場合も安心して過ごせます。また、将来に必要となるお金を時期や目的に合わせて準備するための手段としても活用できます。このように病気やケガなどの「万が一の事態に対する備え」と、将来のための「資金の備え」という二つの側面を持っているのが生命保険なのです。

 

自身が望む生活を営むうえで不可欠な備えである生命保険ですが、実は代替する手段が他にないというわけではありません。その手段こそが「不動産投資」です。しかし、なぜマンションなどの不動産に投資することが保険代わりになるのでしょうか。その答えは不動産購入時のローンにあります。金融機関でローンを組んで不動産を購入する際は、「団体信用生命保険」への加入が義務づけられており、この仕組みこそが生命保険の役割を担える要因となっています。

 

金融機関による団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、長期間の高額なローンを組んだ契約者が不測の事態で亡くなった際に、購入した物件が1億円以下であれば、保険会社が残債のローンを本人に代わって金融機関に支払ってくれる制度です。団体信用生命保険は高度障害などでも適用され、最近ではがん・脳卒中・心筋梗塞などの三大疾病保険つきなどオプションがあるプランもありますので、疾病にかかった場合でも適用されるケースもあります。

 

つまり、不動産投資をしていると、万が一の事態が起きたときに団体信用生命保険によって残債のローンの支払いがなくなり、さらに残された不動産が資産として家族のものになるのです。資産価値がある不動産のローンがなくなると、後は家賃収入という不労所得を受け取れることで、遺された家族に対する収入面での負担が軽減されます。

 

団体信用生命保険に加入するためには、生命保険と同様に審査があり、加入できないケースもあることは留意しておきましょう。しかし、生命保険とは異なり、年齢に関係なく保険料が一定であり、保険金額がローンの残債であることが特徴です。そして、ローンの返済が進むと保険料が安くなります。このように、不動産投資の際に加入する団体信用生命保険があるからこそ、不動産投資をうまく利用すれば生命保険と同じような効果を得られるのです。

 

不動産投資はローンの返済の必要性があるため、自身の判断だけでなく、家族の理解や協力を得られるかどうかも大事なポイントだと言えます。しかし、不動産投資は収益を生めるだけでなく、生命保険の代わりにもなるだけに、そうしたメリットを家族にも正しく伝えることが不可欠です。万が一の事態があった際に安心できる制度になっていることを周囲の人にも理解してもらえていると、その後の運用もよりしやすくなるでしょう。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。