仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

なぜ日本人は金融リテラシーが低いのか?

 

日本では友だち、恋人、会社の同僚らとの話の中で、自身の給与などリアルなお金の話をすると嫌われる傾向にあります。しかし、生きるうえでお金が大事であることは言うまでもなく、むしろお金を稼いで多額の税金を納めることは社会に大きな貢献を果たしています。ではなぜ日本人は「金儲け=悪」というマインドに陥るのでしょうか。その理由の1つとして日本人の金融リテラシーの低さが挙げられます。日本人は諸外国に比べて金融リテラシーが低いと言われる所以はどこにあるのでしょうか。

 

先進国の中で低さが目立つ日本人の金融リテラシー

日本人は「金儲け」という言葉にあまりよくないイメージを持っている傾向があります。生きていくためにはお金が必要であり、多くの人が生活費を稼ぐために必死に仕事をしているはずです。それにもかかわらず、大金を稼ぐことに対しては“人を騙したり、悪いことをしたりするかのような錯覚”に陥ってしまう風潮が少なからず存在します。日本人の心理の中に潜在的に「金儲け=悪」という固定概念が根づいてしまっているのです。

 

「金儲け=悪」のイメージが定着した最たる理由としては、日本人の金融リテラシーの低さが挙げられます。米国の格付け会社スタンダード&プアーズが2015年に世界各国を対象に行った「グローバル・ファイナンシャル・リテラシー調査」によると、日本人で金融リテラシーのある人の割合は43%であり、これは調査に参加した144ヶ国中38位。日本が世界有数の先進国であるという事実を踏まえると低い結果だと言えるでしょう。

 

また、OECD(経済協力開発機構)によると、日本では家計の金融資産のうちの半分以上を預貯金・現金で保有しており、株式や投資信託を運用している割合は15%ほど。他の先進国と比較してみると、アメリカが約40%であり、フランスやドイツなどのヨーロッパ諸国も20~30%台の数値を記録しています。日本人が投資にあまり関心を持っておらず、いかに預貯金を信仰しているかがデータにも表れています。こうした事実こそが、「日本人の金融リテラシーは低い」と言われる所以なのです。

 

日本人の「投資=悪」の考え方の要因は教育にあり

他の先進国に比べて日本人の金融リテラシーが低い要因としては、「投資=悪」「貯蓄=美徳」という日本人特有の考えが根づいてしまっていることが挙げられます。そうした考えが醸成している背景には、日本の教育に問題があります。諸外国では中高で投資や金融の授業がありますが、日本では義務教育はもちろん高校教育でも、基本的に金融に関する授業はありません。さらに大学でも専攻によっては、金融やマネーに関する教育がまったくなされないことも珍しくはないのです。

 

また、家庭における教育においても、親が子どもに投資を推奨するケースはあまりないでしょう。「投資は働かずに一攫千金を狙ういわばギャンブルに近いもの」という偏見を持っている方が多く、「投資に頼らずコツコツと真面目に働くのが一番」と教え込んでいる家庭が多いのではないでしょうか。自身が投資経験を持つ親の場合は、バブル崩壊によって大損していることも考えられるだけに、自身の教訓から「投資だけは絶対に手を出すな」と子どもに伝えているケースも考えられます。

 

このように先進国の中でも金融リテラシーにおいて下位に位置する日本では、小さい頃からマネーや金融に関する教育を行わない風潮があります。そのため、真面目に働いてお金を貯めることが常識になっており、それがお金への執着心のなさや「投資=悪」「貯蓄=美徳」といった偏ったイメージを助長することにつながっているのです。

 

少額からでもまずは投資にチャレンジしてみることが大切

日本人が美徳であると考える預貯金も当然重要ではありますが、それはあくまでも資産の現状維持をすることが目的です。そのため、銀行や信用金庫などの低金利な金融機関にお金を預けているだけでは資産の大幅な増加は期待できません。それどころかインフレが起こることで目減りする可能性すらあるのです。また、少子高齢化の日本社会においては年金もあてにならないだけに、将来を見据えるのであれば、投資を筆頭とした自助努力を行う必要があるでしょう。

 

日本政府も近年では「貯蓄から投資へ」というスローガンを掲げています。預貯金中心の個人の金融資産を株式や債券などの投資に移行させることで、リスクマネーの供給を増やし起業や新産業の育成を進めることを狙いとしています。しかし、いきなり高額の投資を行うことは確かにリスクが高いので、まずは個人型確定拠出年金(iDeCo)と少額投資非課税制度(NISA)など少額からの投資やビジネスに手を出してみることが先決と言えるでしょう。

 

日本では金融や経済についても知識だけを教える傾向にあり、社会で使える実践的な知恵を身につけることなく社会人になる人がほとんどです。金融リテラシーという”マネーに関する知恵”を身につけるには、「このままでは資産が増えない」という現状を知ったうえで、一歩踏み込んで投資にチャレンジしてみることが重要なのではないでしょうか。将来の生活を不安に感じているのであれば、自身の知恵で現状を打破することを真剣に考え始めるべきでしょう。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。