仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

FXを始めるために必要な基礎知識

 

さまざまな種類がある投資ですが、中でも「FX」は近年になって急速に認知度が高まったので、「名前だけは聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。FXは海外の通貨を売買し、その差額で利益を出す投資方法です。業者によっては1万円以下の少額からでも始められるため、「何十万円も用意するのは厳しい」という方にもおすすめな投資だと言えるでしょう。

 

そもそもFXってどんな投資?

FXは「Foreign Exchange(外国為替証拠金取引)」の略で、外国の通貨を売買していく投資方法です。アメリカドル、ニュージランドドル、ユーロ、ポンドなど取り扱う通貨はさまざまですが、これらの通貨の「値段」が日々変化するという点がポイントになります。日によって「1ドル=110円」になったり「1ドル=120円」になったりするので、「安いときに買い、高いときに売る」ことで利益を得ることができます。

通貨の売買は、買った通貨が値下がりして損してしまうリスクもありますが、「スワップポイント」という仕組みを使うと比較的堅実に利益を出すことができます。スワップポイントを端的に説明するなら、「2つの通貨の金利差」です。通貨には、実はそれぞれの国が定めた金利があります。たとえば日本なら、金利は年0.1%ほど。1年間保有すると、0.1%の利子がつきます。

一方、ニュージーランドドル(NZドル)では現在1.75%の利子です。同額でも日本円よりNZドルで保有していた方が金利分で得になることがおわかりでしょう。この金利差で100万円分のNZドルを保有していたら、1年で16,500円の利益になります。なお、通貨を1年間保持し続ける必要はなく、維持した日数分を日割りで受け取れます。満期にならないと金利がプラスされない外貨預金と違い、毎日スワップポイントを受け取れるのがFXの魅力の1つです。

 

少額取引も可能だから初心者でも安心

FXは、手持ちの資金が少なくても大きな金額で取り引きできるのがポイントです。たとえば1万円しか資金がなくても、運用資金はその最大25倍まで増やすことができます。これは「レバレッジ」という、小さな金額を元手にして大きな外貨の取引ができる仕組みがあるからです。

つまり、1万円という元手は直接何かを買う資金ではなく、FXの運用資金をFX業者に出してもらうための証拠金となります。1万円を担保に25万円を借りて売買するイメージと考えてください。もちろん、25倍以下の倍率にすることもできます。

多くのFX業者は、「ロスカット」という仕組みを導入しています。ロスカットとは、損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことです。これによって、証拠金がすべてなくなったり、証拠金では損した分に足りず、負債が発生してしまったりするリスクが軽減されています。しかし、大幅な下落が急激に起こった場合には、ロスカットしても負債が発生してしまう可能性は捨てきれません。リスクを抑えるためには、レバレッジは10倍程度にしておくといいでしょう。

 

小遣い稼ぎとしてまずはFXで投資しよう

投資初心者にとってはFXで利益を出すことは難しく感じますが、決してそんなことはありません。仕組みをきちんと理解し、正しく運用すれば安全に資金を増やせる可能性があるのです。

FXは少額からでも始められるため、投資初心者でも踏み込みやすい面があります。しかし、最初から高い利益を狙って大きな投資をすると、損失を招いた際のダメージが大きいので、欲張りすぎないことが大切です。レバレッジを効かせすぎず、まずは1万円など少額から小遣い稼ぎ程度の感覚で取り組んでみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。