仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

生涯でいくらかかる?気になる子どもの教育費用

 

子育てにはたくさんのお金がかかりますが、中でも悩ましいのが教育費です。幼稚園、小学校、中学校、高校、大学とそれぞれのフェーズでどれくらい費用がかかるのか、塾や予備校なども含め、トータルでいくら見積もっていけばいいのかは、「公立」「私立」の選択も含め、家庭の教育方針によって大きく異なります。そこで当コラムでは、大切なお子さんに十分な教育を受けさせてあげるための費用について学んでいきましょう。

大学までの一般的な教育費は1000万円以上

文部科学省が平成26年に公開した統計「子どもの学習費調査」によると、幼稚園~高校までの教育費は以下のような数値が出ています。

 

【幼稚園】

公立 66万6792円
私立 149万4024円

 

【小学校】

公立 193万248円
私立 921万4734円

 

【中学校】

公立 144万5523円
私立 401万5869円

 

【高校(全日制)】

公立 122万9937円
私立 298万5885円

 

すべて公立の場合の合計  527万2500円
すべて私立の場合の合計  1771万512円

 

上記は「学習費総額」であり、入学金・授業料だけでなく制服・教科書の費用、給食費、遠足の費用など、「学校に対して支払うお金」すべてを勘案した費用になっています。公立と私立で費用を比較すると大きく金額が異なることがわかります。

 

大学ではさらに公立と私立で費用の差が広がります。日本政策金融公庫が平成29年に公開した「教育費負担の実態調査」によると、次のようなデータが算出されています。


【短大】

入学費用 78.3万円
在学費用 年間156.3万円

合計 390.9万円

 

【国公立大学】

入学費用 79.7万円
在学費用 年間101.3万円

合計 484.9万円

 

【私立大学(文系)】

入学費用 95.9万円
在学費用 年間149.8万円

合計 695.1万円

 

【私立大学(理系)】

入学費用 120.1万円
在学費用 年間189.9万円

合計 879.7万円


以上をまとめると、幼稚園から大学まですべての単純な合計で、考えたとしたら、

 

公立  1012万1500円

私立 2650万7512円(理系の場合)

 

となります。統計上から、一般的な教育を受けさせてあげるならもっとも安いと考えられる公立コースでも平均1000万円が必要になるということがわかりました。

教育費にプラスして養育費がかかる

子どもに関わるお金は、教育費だけではありません。「養育費」もかかってきます。これは出産や育児、食費、医療費、お小遣い、その他のプレゼントなどを合わせた費用です。AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」によると、出産から大学卒業までの22年間における養育費は約1,640万円と試算されています。養育費はお子さんを健やかに育てるためには必要になる費用なだけに、学校にかかる教育費以外にも目を向けることが大切です。

また、これまで挙げてきた費用には習いごとや学習塾、予備校などにかかる費用が含まれていません。文部科学省の調査では、「学校外活動費」とされるこれらの費用は、私立幼稚園で年間12万円、公立小学校では年間20.9万円、公立中学校では年間28.3万円、公立高校でも年間15.6万円かかるとされています。

これらを幼稚園から高校まで足すと、293.1万円です。あくまで平均なので、お稽古ごとにこだわれば費用は際限なく膨らんでいくことになります。「できるだけ子どもの可能性を伸ばしてあげたい」という親心は大切ですが、お金をかけるポイントを間違えると「進学のためのお金が残っていない」といった本末転倒なことにもなりかねません。費用計画はしっかり考える必要があるでしょう。

望む教育を受けさせるためにも積立を

多くの場合、教育費がもっともかかるのは大学です。大学の4年間の費用は幼稚園から高校までの15年間と比べるとほぼ同額か、それ以上になります。お子さんを希望の進路に進ませてあげるためには、できるだけ中学・高校までの費用は毎月の家計から捻出し、同時に大学進学用の資金を積み立てていくことが必要になります。

そのためには、「すぐに引き出せない状態」でコツコツと着実に積み立てていくのが効果的です。預貯金だけでなく、学資保険なども活用するといいでしょう。子どもの将来を真剣に考えるのであれば、まだ小さい時から今後に向けて少しずつでも積立をして、資金の準備をしていくことが大切です。

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。