仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

ロボアドバイザーの普及で変わる資産運用

 

AI(人工知能)などのテクノロジーが日々進歩している昨今では、事業において“人間の手を煩わせない効率化したシステムの発展”が一つのテーマとなっており、その流れは投資においても例外ではありません。近年では、人間の代わりにコンピューターがプログラムで資産運用を行うサービスである「ロボアドバイザー」が台頭してきており、人間が一から戦略を練らずとも投資が行える時代になりました。

 

ロボアドバイザーによる資産運用とは

近年、巷で評判となりつつあるロボアドバイザーとは、コンピューターのプログラムを利用して資産運用を行うシステムのことです。投資信託の一種にカテゴライズされ、投資において最大の悩みにもなりうる選択をロボットに一任できるという点が最大の特徴だと言えるでしょう。そのため、初心者の方や経済や市場の動向を逐一確認する時間がないという方におすすめです。

 

本来、資産運用を行う個人投資家には、資産を正確に運用するための膨大な情報量と判断力、運用力が求められています。また、「相場」を常に気にかける必要があるため、知識のない初心者には手を出しにくいというイメージがあるでしょう。しかし、コンピューターによりプログラミングされているロボアドバイザーに任せて資産を運用することで、初心者の人でも気軽に資産運用ができる時代がやってきました。

 

ロボアドバイザーのポイントは、資産運用を自動化することで運用の効率化を高めることです。そして自動化することにより、手数料などの資産運用にかかるお金や、情報収集などの時間を減らすことが可能になる点も見逃せません。さらに、ロボアドバイザーが情報収集をしてくれるため、投資知識の少ない方にとって足りない点を補ってくれる安定した資産運用サービスとも言えます。ではロボアドバイザーを活用することには、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

質問に答えるだけでわかる”あなたの投資タイプ”

ロボアドバイザーを活用するメリットの一つは、あらかじめ用意された質問に答えるだけで自分の投資タイプを分析して適切な投資信託の提案および組み合わせを自動的に行ってくれることです。ロボアドバイザーサービスを展開している企業によって異なりますが、質問数は5~15問。ゲーム感覚で質問に答えていくだけで投資タイプや投資スタンスが分析されるため、より自分に合った投資信託の提案や組み合わせを行ってくれます。

 

また、「結婚」「旅行」「新車の購入」など、個人の運用目標を設定することで、その目標に合わせて資産運用を最適化してくれる点もロボアドバイザーのメリットと言えるでしょう。過去の統計やビッグデータから傾向を自動的に分析してくれるので、データに基づいたシチュエーション別のプランを享受することができます。

 

そして、本来手間と時間がかかるとされている「運用に関する情報収集」や、正しい知識が問われる「情報の取捨選択」もロボアドバイザーが代わりに行ってくれます。そのため、自分で情報収集をしたり、銀行や証券会社に行く手間が省け、時間とコストの大幅削減が実現。ロボアドバイザーならスマホで外出中でも情報を得られます。時間とコストの両面から見てもロボアドバイザーは非常に効率的です。

 

知識がなくても始められるため投資初心者に最適

人生100年時代と言われ、自助努力で何かしらの資産運用をして行く必要性が出てきている今、投資初心者の方が投資を始めるにはロボアドバイザーは最適です。本格的に投資を始めてみたいという方におすすめなのが、お金のデザインが運営する「THEO」やウェルスナビが運営する「WealthNavi」です。ロボアドバイザーが代わりに運営・管理をしてくれることで、若い世代の方が投資を身近に感じるきっかけにすることができるかもしれません。

 

投資を始めるか検討する中で、「始めたいけど自己資金がないから・・・」と躊躇している人も多いはずです。しかし、ロボアドバイザーなら少額から資産運用を開始することができます。サービス提供企業によって異なりますが、エイト証券の「クロエ」は最低1万円から運用が可能。松井証券の「投信工房」に至っては最低金額100円からという少額から運用を開始できます。初期費用がネックになっている方にとっては注目のサービスです。

 

手間をかけなくても誰でも安定した資産形成を実現できるロボアドバイザーの普及によって、投資に興味を持つ方の数はどんどん増えるはずです。ロボアドバイザーは運用の歴史がまだ浅く、実績の面ではまだまだとの見方もありますが、投資タイプが分析できる点や資産運用の知識がいらない点、少額からでもはじめられる点から、投資未経験者が始めるには最適のツールだと言えます。投資にトライするきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。