仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

抑えておきたい!合格・入学祝いの相場やマナーとは?

 

親戚や知人・友人の子供の合格や入学を祝う際に渡すお祝いは、どのくらいの金額が妥当なのか、何を渡したらよいのか意外と知らない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、入学・合格祝い時の相場やマナーなどをご紹介します。

 

入学祝いの水引は蝶結びタイプを選ぼう

入学祝いにはお祝い金などを渡すことが一般的ですが、のし袋の種類などで迷う方も少なくないでしょう。入学祝いの場合には、のし袋は蝶結びの水引がかかったタイプを選ぶようにしましょう。また、水引のあるのし袋の包み方は、上向きを外側になるようにして、表書きに「合格御祝」あるいは「御入学祝」と書いて渡します。入学祝いの贈り物としては、現金以外にもランドセル・文房具・商品券などが人気です。相手の好みがわからない場合は、現金や商品券などの方が喜んでもらえるかもしれません。

 

合格・入学祝いの相場は相手との間柄で決まる

気になる合格・入学祝いの相場は、渡すお子さんとの間柄などでも違ってきます。たとえば、祖父母や親戚から渡す際には、1万円~数万円が相場といわれています。友人などからの場合は5,000円~1万円と若干低めの相場となっています。また、小学・中学・高校と進学するにつれ、金額も高くなる傾向があり、小・中学校では3,000円~5,000円、高校では5,000円~10,000円が相場です。これらはあくまで相場ですので、渡す相手との親密さや間柄などを考慮したうえで金額を決めましょう。

 

入学祝いは3月中旬~下旬までに送ろう

入学時期が近づくと準備などで慌ただしくなるため、入学祝いはできるだけ早めに渡すことをおすすめします。できれば3月中旬~下旬、遅くとも入学式の1週間前までには渡すようにしましょう。3人兄弟など、お子さんが複数いる家庭では1人だけに渡すことは好ましくありません。必ず兄弟全員をお祝いするようにしましょう。このように、合格・入学祝いは時期やマナーを守って渡すことが大切です。かわいいお子さんに笑顔になってもらえるようにすてきなお祝いをしてあげましょう。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。