仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

これぞ求めていた暮らせるホテル「ホテル アクサス日本橋」を大公開!〜後編〜

 

さて、前回に引き続き、ホテルアクサス日本橋をご紹介!

こちらのホテルは定員2名の部屋が「スタンダードツイン」「アトリエツイン」「レイヤーツイン」の3種類、定員5名の大部屋が「プレシャスダイニング」「コンフォートカウチ」の2種類で、全部で5種類の部屋があります。

それでは、お部屋の中を詳しく見ていきましょう。

 

スタンダードにもひと工夫!「スタンダードツイン」

初めにご紹介する2人部屋はこちら!

 

ホテルらしさが漂うスタンダードなお部屋。

しかし、壁側に向かって置かれている長〜い机が嬉しいポイント。

ホテルでちょっとパソコン作業をしたいとき、机の上が、狭くて使いづらい・・・
なんて経験をしたことありませんか?

これなら広く使えますし、2人同時に使うこともできますね!

 

 また、テレビが壁付けされていることでさらに場所をとりません!
スタンダードにもひと工夫が施されています。

 

「スタンダードツイン」の詳しい情報はこちら

 

 

まるでギャラリーの一角!「アトリエツイン」

次にご紹介する2人部屋はこちら!

 

おしゃれなギャラリーでも、スタジオでも、カフェでもございません!
これがホテルのお部屋なのです。

特徴は壁紙やクッションにアクセントのある色を使っています。
部屋によって違うんだとか。

ここの前で写真を撮るだけでインスタ映えしそうですね。

 

ベッドにゆったり座りながらお話ができます。
モデルルームの1室のようで一人暮らしのインテリアの参考にもなります。

うーん、こんな家に住んでみたい。

 

「アトリエツイン」の詳しい情報はこちら

 

 

空間を生かしたオリジナル2段ベッド「レイヤーツイン」

最後にご紹介する2人部屋はこちら。

 

こちらはオリジナル2段ベッドが特徴。
ベッドをただ重ねただけの2段ベッドではないのです。

 

上と下で会話ができるように、頭の位置が少しずらしてある!
これは新しい!

 

上から見るとこんな感じです。

2段ベッドなので一定の距離感を保ちながら
お互いリラックスして過ごすことができます。

 

「レイヤーツイン」の詳しい情報はこちら

 

 

女子会からミーティングまで!「プレシャスダイニング」

続いては広めの5人部屋をご紹介!
まずは使い道が色々ありそうなプレシャスダイニング。

 

こちらはベッドが2段になっていて、とってもおしゃれ!
お子様も喜びそうなので、ママ会にもいいですね!!

 

ダイニングは木のぬくもりを感じる空間。
テレビにはApple TV付きですし、ミーティングにもいいかもしれません。

 

「プレシャスダイニング」の詳しい情報はこちら

 

 

ゆったりソファでくつろぎタイム!「コンフォートカウチ」

そして、もう一つの5人部屋。大きなソファが特徴のコンフォートカウチです。

 

こちらもアクセントのある壁紙が素敵。

 

ベッドはプレシャスダイニングと同じく2段ベッドになっています。

 

ダイニングには大きなソファが。リラックスするには極上の空間ですね。
家族や友人とゆったりした時間が過ごせそうです。

 

「コンフォートカウチ」の詳しい情報はこちら

 

 

さて、5種類の部屋をご紹介しましたが、皆さんのお気に入りはどれでしたか?

こちらのホテルはもともとマンションとして建てられた物件だったそうなのです。だから一般的なホテルと違い、温かみや嬉しい設備があるのですね。

宿泊だけでなくデイユースプランもあるので、いつもとちょっと違った場所で楽しく家族や友人との時間を過ごしたい皆さん!ぜひニーズに合わせて利用してみては?

 

 

<前編>
これぞ求めていた暮らせるホテル「ホテル アクサス日本橋」を大公開!〜前編〜

 

 

 

 

ホテルアクサス日本橋
http://hotelaxasnihonbashi.com/

〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町20-12
TEL:03-5640-8066

<交通アクセス>
半蔵門線 「水天宮前」駅 徒歩2分
日比谷線、東西線 「茅場町」駅 徒歩8分
日比谷線、都営浅草線 「人形町」駅 徒歩9分

 

著者プロフィール

眞田詩穂 (さなだしほ)
眞田詩穂 (さなだしほ)
慶應義塾大学総合政策学部卒業。大学在学中、音楽フェスの制作アルバイトを経験したことをきっかけに音楽関連会社に入社。ライブやイベントの協賛企画・営業として3年間勤務する。
2016年6月に起業。現在も音楽に関わる仕事を続けながら、前職の経験も活かし、ライター業や代理店業など分野を広げて会社経営を行う。