仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

格安SIM、格安スマホは大手キャリアに比べてなぜ安い?

 

ほとんどの人が所有し、現代の連絡手段の1つとして欠かせない携帯電話。特に多機能なスマートフォンは、今の時代には必需品です。そんな中、毎月のスマホ代を少しでも安くしたいと考えている人に注目してもらいたいのが格安SIM、格安スマホです。docomo、au、SoftBankといった3大キャリアと比べ、月々の料金が大幅に安くなると評判ですが、なぜ“お得”なのでしょうか。

そもそも格安SIM・格安スマホとは?

一般に格安スマホとは、スマートフォンと格安SIMカードを組み合わせて提供し、大手キャリアと契約するよりも月々の料金が安くなるサービスのことです。また、格安SIMは、通話・通信用のSIMカードのみを契約して、手持ちのスマホ本体に差して利用するサービスになります。

こうしたサービスに参入している企業(MVNO業者)は多く、有名どころでは楽天モバイルやY!mobile、IIJmio、mineoなどがあり、最近ではイオンのような小売業者からも同様の商品が出ています。では、こうした企業が提供するサービスがなぜ大手キャリアより低料金なのでしょうか。

最大の理由は、通信に必要な設備や回線は大手キャリアから借りてサービスを提供するというビジネスモデルにあります。自前でインフラを持たない分、投資にコストがかからないため、安くできるというわけです。さらに設備や回線は大手キャリアのものを使用しているため、サービスの品質も大きく変わらないという点も見逃せないポイントだと言えるでしょう。

また、docomo、auの格安SIMは以前より提供されていましたが、ここに来てようやく、SoftBank回線網の格安SIMが提供されはじめ、ユーザの選択肢が大幅に増えました。MNP(番号ポータビリティ)で電話番号はそのまま引き継げますし、3大キャリア全ての端末(もちろんiPhoneも)が使用できるとなると、今まで以上に手軽に乗り換えできる環境が整って来ています。

大手キャリアとの決定的な違いは?

格安と謳うだけあって、大手キャリアよりも料金が格段に安いのが特徴です。大手キャリアでは月々7,000円付近が平均値と言われていますが、格安スマホ、格安SIMのプランでは1,000円〜数千円程度が相場です。大手キャリアの半分以下と考えてよいでしょう。

また、料金体系がシンプルなのも魅力です。大手キャリアの明細を見ると、「〜割」「〜オプション」とさまざまな名目の数字がズラリと並んでいてかなり複雑ですが、格安スマホ、格安SIMのプランは月々の使用データ量を1GB、3GB,5GBなどから選ぶだけでいたってシンプル。あとは別途通話料がプラスされるだけになります。また、大手と違って2年縛りといった契約上の制約がないので、乗り換えも気軽にできるのもメリットとなります。

通話が少ない人には格安SIMがおすすめ

そんな格安SIM、格安スマホにもデメリットがまったくないわけではありません。その1つが通話料金です。大手であれば“かけ放題プラン”が存在するので通話を多く利用する方でも安心ですが、格安SIM、格安スマホの場合はそれがなく、課金は従量制(使った分だけ請求される)になります。従って仕事で毎日のように通話しなければならない人には不向きかもしれません。

もちろん格安SIM、格安スマホでも、月々800円程度のオプションを追加すれば、1回5分までなら何度でもかけ放題になるプランもありますし、定額でかけ放題プランを用意しているサービスも出て来ています。しかも、最近ではLINEだけで用件を済ませられることも増えていますで、使い方によっては必要十分なのではないでしょうか。

仮に夫婦や家族で乗り換えた場合、月に1万円以上も節約できる可能性もありますので、メリット・デメリットをしっかり理解したうえで、乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

節約できたお金でちょっと贅沢するのも良いですが、将来のために少しずつ投資をはじめてみるのも良いかもしれません。

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。