仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

話題のiPhoneX、新機能と比較まとめ

 

Apple社から発表された「iPhoneX」。読み方が”エックス”ではなく”テン”であることも話題になりました。2017年11月3日に発売された「iPhoneX」ですが、「iPhone8」とほぼ同時期に発売ということもあり、iPhoneユーザーからしてもどのiPhoneに乗り換えるべきなのか悩みどころでしょう。iPhoneX注目の3つの新機能を、これまでのiPhoneと比較しながらまとめます。

 

iPhoneXの新機能「OLEDを使用した全面スクリーン」とは?

 

1つ目の新機能は「OLED全面スクリーン」です。これはApple社がiPhoneに求めてきた機能だそうで、5.8インチのスクリーンが表面全体に広がります。画面の大きさはiPhone史上最大で、「iPhone8 Plus」の5.5インチを上回ります。iPhone特有のホームボタンが消えてしまったのも「X」の特徴です。また、iPhoneX用に独自に設計されたOLEDのおかげで、色鮮やかで見やすい画面になりました。iPhone画面の美しさは年々進化していますし、綺麗な画像をより大きいサイズで見たい人には、「iPhoneX」がオススメかもしれません。

 

 

iPhoneXの新機能「ワイヤレス充電」とは?

2つ目は「ワイヤレス充電」です。今までのようにコードにつなぐことなく、専用の充電パッドの上に置くだけで充電ができるようになりました。今後は充電コードの種類を問わずパッドさえ設置されていれば、外出先でも気楽に充電できるということをApple社は売りにしています。しかし、現状ではまだ浸透しておらず、あまり優位性は高くないでしょう。充電する際に、コードをさすという行動1つをスキップできるという意味では、面倒な人にとってはよいかもしれません。

 

iPhoneXの新機能「FaceID」とは?

 

3つ目は「FaceID」です。今まではtouchIDと呼ばれる指紋認証を採用していたiPhoneですが、「X」では指紋認証が排除されて、ついに顔認証になりました。見つめるだけでロック解除や決済ができるというのは、確かに楽かもしれません。また、同様に顔の動きを読み取ってスタンプ化するアニ文字という機能も追加されました。浸透すれば、会話の幅を広げてくれること間違いないでしょう。
その他にも、カメラやOSの性能、電池効率も向上しているようです。iPhoneXは本体価格がかなり高いことでも話題にあがっているので、実際に乗り換えるかどうかは新機能と合わせて自分にとって必要かどうかを見極めましょう。

 

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。