仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

忙しい人の健康時短ごはん

【管理栄養士が教える!】忙しくて、食事の内容にまでは気を使えないと諦めていませんか?コンビニ食でも工夫次第で、健康的な食卓作りができるのです。

 

夜ごはん、何を食べたらいい?

 

仕事で遅くなったり、家事が溜まっていたりすると、つい夜ごはんまで気が回らず、簡単なもので済ませ、食事が偏ってしまうこともありますよね。夜ごはんは、1日の疲れをとるために栄養素をしっかりとカラダに届けてあげたい食事です。時間がない時は、コンビニで買ったものを使ってもOK!

 

NGな夜ごはんとは?

 

夜ごはんで避けたいのは揚げ物やラーメン+炒飯など、脂質や炭水化物中心の高カロリーな食事です。また、炭水化物のみや野菜が少ないなど偏った食事も要注意。夜遅い時間になればなるほど、カラダは体脂肪を溜めやすくなると言われています。忙しさのあまり高カロリーな食事や偏った食事を続けてしまうと、太る原因になったり、生活習慣病へとつながったりする可能性があります。

 

コンビニ食でも賢く栄養を摂る方法①

 

コンビニ食を選ぶポイントは「野菜が多く使われている」こと。そして、「揚げ物など油の多い物を避ける」こと。中華丼やあんかけ焼きそばなど1品で野菜が多く使われているものがおすすめです。夜遅くて、ごはんや麺の量が多すぎる時は、野菜炒め+おにぎりなど食べ過ぎない量に調整したり、野菜スープや豚汁など胃腸を温め、消化に負担のかけにくいものを選ぶなど工夫しましょう。

 

コンビニ食でも賢く栄養を摂る方法②

 

少し時間に余裕のある時は、コンビニ食にプラス1品でより栄養素を多く摂れるようにしてみましょう。例えば、温かいうどんを買ってきたときは、水で戻すだけで使える乾燥わかめを加えたり、ねぎやのりなどの薬味を加えたりすることで、ビタミンやミネラルをプラスすることができます。手間のかからないプラス食材を家にストックしておくとよいでしょう。

 

著者プロフィール

ABC HEALTH LABO
ABC HEALTH LABO
株式会社ABC Cooking Studioの中でHEALTHケアビジネスを推進するチーム。
レシピ提案や健康に関するセミナー・講座、料理レッスン、目的に合わせた食事カウンセリングなどを行っている。