仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

テクノロジーを駆使したデリバリーサービス「UberEATS」

 

忙しく働く人にとってはお昼に外へランチに出ることもままならないものです。そんな人にぜひとも利用してもらいたいのが「UberEATS(ウーバーイーツ)」。東京の一部のエリアで始まったデリバリーサービスが、手軽で便利だととても人気となっています。ここでは、UberEATSの人気の秘密をご紹介します。

 

UberEATSとは?

UberEATSとはテクノロジーを駆使して新しい食のあり方を提案するフードデリバリーサービスです。元々は2015年にカナダのトロントでスタートし、2016年9月には東京でもサービスが開始されました。2017年現在、世界24カ国以上で始動している人気のデリバリーサービスです。使用するのはスマートフォン。まずはアプリをダウンロードするか、UberEATSのサイトへアクセスし、Uber IDを登録します(要クレジットカード)。その後、届け先を入力し、希望のレストランを検索、メニューを確定したら、自動的に登録済みのクレジットカードから支払いが完了する仕組みです。500店舗以上の人気レストラン・パートナーからメニューを選ぶことができます。

 

UberEATSが人気の理由とは?

UberEATSが選ばれる一番の理由は、何といってもその手軽さでしょう。ボタン一つで注文・支払いが完了し、指定の場所まで配達してくれます。アプリ内に搭載されたGoogle Mapには配達員の移動状況が反映されるため、あとどれくらいで到着するかが目で見てわかります。またGPS機能を駆使してピンポイントの場所に配達してくれるので、自宅や会社以外にも公園のベンチなどにも配達可能です。UberEATSはスタートしてすぐに、Googleが発表する「ベストオブ2016」のベストローカルアプリ部門の大賞に選ばれたことからも、その人気ぶりがうかがえます。

 

忙しいビジネスパーソンこそ活用しよう!

東京では新宿区や渋谷区・世田谷区・千代田区などの一部の地域でスタートしたUberEATSですが、少しずつ展開するエリアを拡大しています。今後需要がさらに増えれば、地方都市へも拡張するかもしれません。UberEATSでは注文時にアレルギーの有無を伝える機能もあり、店舗によっては食材の対応をしてくれるところもあります。忙しく働く人にとってはとても便利なので、ぜひとも使いこなしたいサービスの一つです。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。