仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

ビジネス交流会でやってはいけない4つのこと

 

ビジネス交流会でやるべき6つのこと」という記事を書いたところ、「逆にやってはいけないことはないの?」という声も聞こえてきましたので、今回は「ビジネス交流会でやってはいけない4つのこと」をご紹介します。

 

1.カッコつけようとしない

特に男性にありがちなことですが、自分を良く見せようとするあまり自慢話ばかりしてしまう人がいます。
正直言って、ウザがられます。でも話している人は気持ちよくなっているので気が付かないんですよね。自分ばかり喋っていないか注意しましょう。

 

2.知っている人とばかり過ごさない

当たり前ですが、あなたは新しい人と出会うために交流会に参加しているはず。
だったら、同じ人とばかりいっしょにいてもネットワークは広がりません。
知っている人といるのは楽だし安心できますが、せっかくの機会なので気持ち良い場所から一歩踏み出して、まったく知らない人にも話しかけましょう。

 

3.いきなり「仕事はなんですか?」と聞かない

ほとんどの人は名前を聞いた後すぐに「お仕事は何をされているんですか?」と聞きますよね。
私はこれ、あまり良くないと思います。なぜなら、「あなた自身ではなく、あなたの仕事に興味があります」という意思表示になってしまうから。

 

あまり意識していないかもしれませんが、聞かれた側は無意識で「この人は私個人に興味がないんだな」と感じてしまいます。それではいい関係を築くことは難しいですよね。

 

人間関係の構築で大事なのは、いかにその人自身に興味を示すか。
その人の仕事を知っていても、その人自身がどんな人なのかを知らないと本物の関係は作れません。
相手の仕事を聞くときは、会話の流れの中で自然に聞くようにしましょう。

 

4.真面目に考えすぎない

ビジネス交流会でやるべきことややってはいけないことについて書いてきましたが、大事なのはその場を楽しむこと。硬い表情で立っていても、話かけ辛い人になってしまいます。難しく考えすぎず、リラックスして新たな出会いを楽しみましょう!

著者プロフィール

由岐中一順 (ゆきなかかずより)
由岐中一順 (ゆきなかかずより)
株式会社天元堂 代表取締役社長。大学院卒業後、外資系でマーケティングや研修部門の営業を担当。研修部門でたった一人の営業マンとして、前年比30%の増収を達成。激しくトレンドが移り変わる現代社会において、「自分の足で人生を歩む人を増やす」をモットーに個人事業者やベンチャー企業、中小企業、独立希望者のマーケティングやセールス支援を行う。