仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

VRの意味とビジネスシーンでの活用法

 

VRという言葉が使われる頻度が増えていますが、意味や対応製品について理解している人は意外に少ないでしょう。VRは画期的なツールとしてビジネスシーンに大きな影響をもたらしています。ここでは、VRについて解説していきます。

 

VRとは「仮想現実」のこと

VRとは「Virtual Reality」の略で、「仮想現実」という意味です。人間の現実世界に存在しない映像や音響を疑似的に体験させるための手法を総じて「VR」と呼ぶようになってきています。

 

VRを体感するにはさまざまな方法がありますが、定番化しているのは特別なディスプレイを使ったタイプのVRです。液晶でできたゴーグル型のディスプレイを装着し、目の前に現れる映像を体感します。音響も楽しめるVRヘッドセットもありますが、音響のないVRゴーグルの場合はヘッドフォンや、感触が伝わるグローブなどもあわせて使用すると、より臨場感は高まるでしょう。

 

かつて、VRといえば映像ゲームなどの娯楽に使われることが主流でした。家庭用ゲーム、テーマパークのアトラクションなどにはVR効果が頻繁に使われています。しかし、VRは社会のいろいろな場面での応用範囲が広く、急速に展開が早まっているツールだといえます。

 

主なVRの応用例

VRの活用法として、たとえば教育現場や関係機関での使用があげられます。学校や博物館などで歴史などの文字情報を学んだとしても、深く歴史を理解することはまれでしょう。また、戦争などの歴史的悲劇への認識や共感を養うためには、事実の理解以外にも被害者への感情移入が求められます。そんなとき、VRを使った歴史的事象の疑似体験は大いに有効です。

 

企業のプレゼンテーションにもVRは応用可能です。プロジェクトの概要を体感してもらい、プレゼン内容への理解を深めてもらうためにVRは活躍します。また、医療分野での催眠療法、手術内容の説明や手術練習への応用などにもVRは有益です。

 

VRがビジネスシーンにもたらすのは「具体性」と「視覚情報の拡大」だといえます。VRによって、これまでの文字情報中心だったビジネスシーンは再編される可能性もあります。来るべき未来のためにVRを深く学んでおいて損はないでしょう。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。