仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

21世紀型の資金調達!クラウドファンディングとは?

 

インターネットを使った資金調達の方法としてクラウドファンディングが注目されるようになりました。しかし、クラウドファンディングにはメリットもデメリットもあります。ここでは、クラウドファンディングの概要とメリット・デメリットについて説明します。

 

クラウドファンディングの概要や手順

クラウドファンディングは目的の達成のために人々から出資をつのる行為のことです。クラウドファンディングがこれまでの資金調達と大きく異なるポイントは「不特定多数」の人間に向かって寄付や投資を呼びかけているところにあります。また、出資者は大きな金銭的メリットがなかったとしても、プロジェクトの主旨に賛同したり、共感したりして寄付するケースも見られます。

 

クラウドファンディングの概要はプロジェクトごとに細かく変わるのが特徴です。1口あたりの出資額が設定されている事例もあれば、出資額を出資者の裁量に委ねているプロジェクトもあります。

 

クラウドファンディングは「寄付型」「投資型」「融資型」「購入型」の4種類に分かれています。「寄付型」であっても出資者にノベルティを贈るなどして感謝を伝える場合もあります。

 

クラウドファンディングのメリットとデメリット

クラウドファンディングのメリットは、とにかく「簡単なこと」です。クラウドサービスに登録し、告知を行えばだれでも資金をつのることができます。従来、資金調達のためには出資候補者に詳細な事業計画や収支予想がわかる資料などを提出していましたが、クラウドファンディングでは特に必要がありません。簡潔な事業紹介だけでも魅力的にPRできれば、大量の資金を集められます。

 

デメリットとしては、主に出資者が損失を被るリスクを免れない点です。たとえば、「投資型」のクラウドファンディングで何らかの見返りを期待して資金を出資したのに、事業が頓挫してしまうケースも十分にありえます。また、事業計画に偽りがあったとしても、見抜けないまま出資額を失うこともあるでしょう。クラウドファンディングでは事業の確実性を見極め、安全に投資を行う意識が重要です。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。