仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア

エッセンシャル思考の考え方と応用例

 

エッセンシャル思考は、最も重要なことで最大の成果を上げる技術として注目されています。しかし、「エッセンシャル思考」という名前だけは知っていても思考の基礎となる考え方を知らない人は多いでしょう。ここでは、エッセンシャル思考について簡潔にわかりやすく解説していきます。

 

エッセンシャル思考の3つのポイントとは

エッセンシャル思考は、米国のコンサルティング会社THIS Inc.のCEO、グレッグ・マキューン氏によって提唱された思考法です。エッセンシャル思考の3つのポイントを理解し、やるべきことを選び、重要なものを見極め、恐れずに集中するクセをつけよう、とマキューン氏は説いています。

 

エッセンシャル思考の基礎となる3つのポイントとは、「多くの選択肢を検討する」「重要なことだけを実行する」「やると決めたことは最高の結果を出す」ということです。たとえば、いくら脳内で「やらなければ」と考えていても決断したことにはなりません。大事なものが多すぎると業務は非効率になりますし、「なんでもできる」人ほどあちこちに手を伸ばしがちです。エッセンシャル思考は、重要なこと以外はすべて捨て去る勇気を持てとアドバイスしています。

 

エッセンシャル思考をどのように実現するか

エッセンシャル思考を簡単にいうと、「些細な問題に悩まされない」ことです。たとえば、プロジェクトを進めていく場合、無数の選択肢が出てきます。そして、会議を行えば、たくさんの意見が交わされます。従来の思考法では、すべての選択肢を検討しながら、いい所を寄せ集めて結論を下そうとするケースが目立ちました。

 

しかし、エッセンシャル思考においては、100点満点中90点以上の優れた意見を検討するためには、それ以外の劣っている意見を切り捨てるように主張します。90点以下の意見を検討する時間は非効率で、成功への最短ルートを阻害するものだからです。

 

エッセンシャル思考は客観的にプロジェクトを進めていく際に役立つ思考法です。選択と集中を徹底するため、目標も明確になり、社員間でゴールを共有しやすくモチベーションの強化にもつながるでしょう。エッセンシャル思考は意見がまとまらないプロジェクトに積極的に取り入れたい思考法です。

 

著者プロフィール

ディクショナリー編集部
ディクショナリー編集部
仕事にもプライベートにも役立つビジネスパーソン向け情報メディア。投資・マネー系、ビジネススキル、ライフスタイルなどのコラムを発信。